• sayakaogawaceramics@gmail.com

陶芸家の行きつけの店は、ホームセンターだ!(と思う)

Updated: Nov 17, 2018



11月にオープン予定のオンラインショップからお皿の注文をいただきまして、今作っている最中なんですけど、オーストラリア人の予定は未定であって決定ではないわけで、オープンは100パーセント遅れますね。


シドニー市内では路面電車の路線を拡張するための工事が行われているんですけど、これまた計画通りには進まず、遅れまくってますよ。一体いつ乗れるようになるんでしょうか?原因は工事を請け負ったスペインの会社にあるようなんですけど、スペインなんて永遠に完成しないんじゃないかと思われるサグラダファミリアで有名な国ですよ。予定通りに完成させるわけがない。そんなこと予測できると思うんですけど、スペインの会社を選ぶなんて、どうかしてるぜオーストラリア政府。


そんなわけで、いつオープンするかわからないんですけど、そのオンラインショップでも私の作品が購入できるようになったら告知します。

もうすでに薬味皿とスプーンとお皿など色々納品してありまして、ショップオーナーは写真家とアートディレクターカップルなので、どんな風に仕上がってくるのか、楽しみです。


作っているお皿なんですけど、これは粗めの赤土をタタラで成形して、裏側に麻布で質感を加えてまして、マットな白い釉薬をかけた後でスポンジで軽く拭き取って、のっぺりしたお皿にならないようにしています。



その麻布を買うために、先日、ホームセンターBunningsに行ってきました。色々な布地やクラフト用品を販売しているSpot Lightにも行ったんですけど、麻布の網目が細かすぎたので却下。Bunningsで1メールにつき6.98ドルで売っていたヘシアン・クロスを2メートル購入しました。安かったので、マーケットの時にテーブルクロスとして使ってもいいなと思い、多めに買いました。店員さんに裁断をお願いしたんですけど、愛想のいいお兄さんが、3メートル位切ってくれました。ありがとう!


Bunningsでは買い物袋をもらえなくて、レジの後ろに必要の無くなった段ボール箱が山積みになっているので、それを買い物袋代わりに自由に使っていいんですけど、この間5つほど持って行こうとしたら店員さんに低音で「持って行き過ぎだ」と引き止められました。いくつだったらいいのか聞いたら「3つまでだ」と言うので、3つ有り難く頂戴して帰りました。


インターネットで陶器販売しているので、郵送する際に段ボール箱が必要なんですよ。段ボール箱は商品の受け取り後いらなくなってゴミとして捨てられると思うので、なるべく再利用のものを使いたいのです。地球に優しくね。


また別の日に、型を作るための石膏を買いにBunningsに行った時、レジの店員が「段ボール箱持って行き過ぎだ」と言ったおじさんだったんですけど、もっと大きい袋入りの石膏はないのか聞いたら、「あるとしたら4番の棚のところだよ。見たのか?」とまたしても威圧的な喋り方でして、「見たけど型作りに使えるかわからない」と言ったら、「Newtownにあるアート用品店に行け。安いかどうかはわからないけどな(低音)」と教えてくれました。愛想は悪いけど、知識はあるんだろうな、きっと。


今後も通い続けると思うので、よろしくお願いします!



©2019 Sayaka Ogawa Ceramics