• sayakaogawaceramics@gmail.com

Holiday in Cook Islands  Part 3     アイツタキ3日目〜ラロトンガへ

Updated: May 31, 2019


アイツタキ3日目です。17:10にラロトンガ行きの飛行機に乗るので、それまでたくさん時間があります。チェックアウトの時間がわからなかったので、とりあえず荷物は全部まとめてスーツケースに入れて、シュノーケルの道具と着替えやタオルを車に入れて、昨日行った空港近くのシュノーケルスポットに行きました。

1日目も2日目も雨で3日目の朝も曇り空だったので、日焼け止めをスーツケースに入れてしまったのですが、シュノーケルをしている途中からすっかり快晴に。




天気が悪くても美しい色の海でしたが、太陽が出ると空のスカイブルーと海のターコイズブルーの違いがよくわかります。







青いヒトデや青い魚がいました。










砂浜ではヤドカリが大勢集まって、お宿争奪戦をしていました。







アイツタキで借りた車です。横に大きな擦り傷が付いていましたが、御構い無しです。

1時にレンタカーを返しに行く予定になっていました。日曜日なのでお店は閉まっているけれど、裏の家にいるから来るように言われていたので行ってみると、親戚一同集まってベランダでお食事中でした。娘さんと思われる若い女性が、保証金を返金してくれて、ヴィラまで送ってくれました。

空港まで行くのに交通機関がないので、オーナーにヴィラまで来てくれるよう伝えてくれと娘さんにお願いしました。


どこのお店も閉まっているので、オーストラリアから持ってきたインスタントラーメンをお昼ご飯に食べました。食べている時にオーナーがやって来て、飛行機の時間を聞いて、また後で迎えに来ると言って去って行きました。


まだ時間があるので、ヴィラの目の前の海でしばらく泳ぎました。ナマコがたくさんいたので、ウォーターシューズがあって良かったです。クック諸島の海は遠浅なので、足ヒレをつけて泳ぐよりも、ウォーターシューズで歩いていく方が便利でした。

3時頃にシャワーを浴びて、オーナーが迎えに来るのを待ち始めました。なかなか来なくてドキドキしましたが、4時頃にやって来て空港まで送ってもらいました。空港まであっという間な上、チェックインも数秒で済み、搭乗時間も遅れたので、もっとゆっくりしていても良い位でした。


空港にいた蟹

今回アイツタキで泊まったのはTavake Villaというオーナーが個人で貸し出しているヴィラだったのですが、オーナーの若い男性は気が利いて、掃除も行き届いていて、ビーチフロントで良いところでした。唯一欠点を挙げるとすると、お湯が出なかったことです。でも暑かったので、冷たいシャワーでも大丈夫でした。それに小さな島で限られた資源の中にいると、シャワーが浴びられるだけでも幸せだと思うのです。




最後部から操縦席まで見渡せます。

アイツタキ発ラロトンガ行きの飛行機は、機長と副機長合わせて17人乗りのプロペラ機でした。私たち3人は最後部だったのですが、その後ろが荷物格納場所になっていて、私の座っている横から後ろにかけて開くようになっていました。古い機体で、シートベルトが調整できなくて、機内が暑かったのですが、あまり揺れる事なく無事に到着しました。





空港に着くと、ラロトンガで泊まるヴィラのオーナーがタクシーを手配していてくれました。でも、アイツタキに出発する前にラロトンガ空港前のレンタカー会社で車を予約していたので、そのことを伝え、タクシーの運転手さんにヴィラまでの行き方を教えてもらいました。クック諸島の人たちは本当に親切です。

レンタカー会社で自分たちの名前が書いてある紙を乗せた車を探したのですが、ない!何度探しても見当たらないので、鍵がかかっていなくて運転席の足マットの下に鍵が隠してある車を探すと、いくつかあって、鍵が鍵穴に差し込みっぱなしの車もあって、無用心です。小さい島なので誰も盗んだりしないのでしょう。一番端にあって、自分たちが予約したと思われる小さい車に乗って行くことにしました。

ヴィラまではメインロードをまっすぐ行くだけなので、時速50キロ弱で20分位でしたが、迷うことなく着きました。



ラロトンガで一番の観光地のムリビーチにあるヴィラです。大きなオープンキッチン、リビング、ダイニングにバスルームが1つとベッドルームが2つ、外にはバーベキューとテラスがありました。こんな家に住みたいと思うような素敵なヴィラでした。3日目にオーナー家族が挨拶しに来ましたが、5歳の男の子のいる若いカップルで、オーストラリア人のようでした。



ヴィラから歩いてすぐの場所にムリナイトマーケットが開いていたので、そこでピザやクック諸島の伝統料理をテイクアウトしてヴィラでお夕飯を食べました。








続きはPart 4へ




©2019 Sayaka Ogawa Ceramics