• sayakaogawaceramics@gmail.com

Holiday in Vanuatu Part 6 Champagne Beach, Port Olrey Beach, Matevulu Blue Hole

Updated: Mar 23


Champagne Beach

サント島に朝到着し、その日はホテルのバスツアーを申し込みました。朝空港に迎えに来てくれたミニバスの運転手さんが私たち家族3人だけを乗せて観光地に連れて行ってくれました。運転中に通った土地が中国人に買われて、漢方薬を作る植物を育てるのに使われているという話を聞きました。



ビーチの木陰で休む牛たち

1カ所目はシャンパンビーチに行きました。海水と湧水が混じる地点がシャンパンのように光り輝くことからその名がつけられたらしいのですが、水だけでなく砂浜も美しいビーチでした。私は水際で見える魚を追いかけて、夫と息子はシュノーケルを楽しみました。中国人の観光客団体を乗せたフェリーが停泊する日は混雑するらしく、私たちがいる時も来たと思ったらリラックスする暇もなくあっという間に次の場所へ移動する中国人観光客たちを見かけました。



シャンパンビーチにいた魚の群れ


Port Olrey Beach

シャンパンビーチで1時間くらい泳いだ後は、ポートオルリービーチへ。私は見たことないのですが、「ちょっと今から仕事やめてくる」という映画の舞台になった場所らしいです。ここのカフェでお昼ご飯を食べました。



ロブスター、チキンとポークを注文しました。サイドのパパイヤサラダとフライドポテトは全て同じでした。


2時間くらいポートオルリービーチに滞在し、最後はマテブルブルーホールへ。

Matevulu Blue Hole

バヌアツにはいくつものブルーホールがあって、それぞれの魅力があるのですが、マテブルブルーホールは周りに緑の木々が生茂り、それが水面に鏡のように映し出され、まるで絵に描いたような美しさでした。水深は深いところで18メートルもあるそうなのですが、青くて透き通っているのでそんなに深さがあるようには見えませんでした。木にロープが吊り下がっているのでダイブすることもできるのですが、午後で影が落ち始めて少し肌寒かったので写真撮影だけしました。


Matevulu Blue Hole

水の妖精が出て来そうなブルーホールでした。


3カ所巡った後でホテルに戻ったのですが、電気がつかず、バヌアツではよくあることだと思って薄暗い中でシャワーを浴びたのですが、ホテルの部屋を出てみると他の部屋の電気はついていました。

夕食はホテルのレストランで食べたのですが、その時に電気が付かない話をすると、オーナーらしきおじさんがすぐに部屋に行って直してくれました。

バヌアツ の伝統料理盛り合わせ

Part 7へ続く