• sayakaogawaceramics@gmail.com

Holiday in Cook Islands Part 6 Koka lagoon cruise

Updated: Nov 23, 2019



ボートの上ではずっと演奏し続けていました

アイツタキ島で申し込んでいたVaka cruiseが中止になってしまったので、ラロトンガでKoka cruiseに参加しました。ムリビーチにオフィスがあってそこで申し込んだところ、現金だと10%程度安くなるということで、ATMでお金をおろしてクルーズ当日に支払いました。3つのボートがそれぞれ満席で、出発するとすぐにボートクルー達の楽器演奏と歌が始まり、乗っている間も楽しませてくれました。






ボートの底がガラスになっていて、シュノーケルをしなくても海の中が見えるようになっています。クルーの一人が餌を持ってガラスの下へ泳いでいくと、たくさんの魚が集まってきました。ビーチにいた時は見なかった大きな魚が多かったです。





シュノーケルの途中で立って休めるように台がありました。ボートクルーから注意されましたが、珊瑚の上に乗ってしまうと珊瑚が死んでしまうので絶対に乗らないでくれとのこと。






前日に息子と一緒に泳いでいた犬は時々珊瑚の上で休んでいましたけど。

ボートからも珊瑚の上に乗っている犬が見えて、ボートクルーが「そこの犬、珊瑚の上に乗らないでくださーい’」と叫んでいました。





ココナッツが世界一似合う男


シュノーケルの後は小島に上陸しました。ボートクルーが腰蓑を着けて、ココナッツについての説明をしてくれました。どうやって実を割るかデモンストレーションしてくれたり、葉っぱを使ってバッグや帽子を作ったり、女性向けのパレオの巻き方のバリエーションを見せてくれました。ボートクルーの演奏とともに、ハワイから来たという女性がハワイアンダンスを見せてくれました。彼女の息子も参加して少し踊ってくれましたが、ハワイのダンスとクック諸島のダンスはよく似ていました。






夫も参加しましたが、全然登れませんでした。

 


参加者の中から数人が選ばれてココナッツの木登りにチャレンジしましたが、みんな1〜2メートル登るのがやっと。デモンストレーションしてくれたボートクルーはココナッツ木登りチャンピオンらしく、数秒で一番上まで登って行ってしまいました。



その後はランチタイムです。バーベキューで焼いたお肉や魚、サラダやパン、フルーツなどとても美味しかったです。食後はしばらくビーチで泳いで、みんなで写真撮影をして、またボートに乗ってムリビーチに戻りました。ボートクルーは毎日同じことをしているのでしょうが、楽しませるのが本当に上手で飽きる間がありませんでした。ボートもゆっくりで波もないので子供連れでも安心です。ムリビーチで一番のオススメのアトラクションです。





最終日はヴィラの掃除をして荷造りをして、スーツケースはレンタカーに乗せて、10時にヴィラを出た後はずっとビーチで過ごしました。空港近くのマーケットでランチを食べて、レンタカーを返却して、午後3時15分ロラトンガ発の飛行機でシドニーに戻りました。

クック諸島に着いてすぐは天気も悪くてどうなるかと思いましたが、ラロトンガに戻ってからは毎日快晴で楽しい旅行となりました。また行きたいかというと・・・小さな島なので1週間だけでも十分満喫したなという感じです。










©2019 Sayaka Ogawa Ceramics