• sayakaogawaceramics@gmail.com

Holiday in Phuket, Thailand Part 1  Karon, Kata, Patong Beach

Updated: Nov 23, 2019


2019年5月にタイのプーケットに行って、オーストラリアで友達になった日本人とイギリス人のカップルの結婚式に参列してきました。

2019年は1月にクック諸島、5月にタイ、7月に日本(夫はフランスへ)と旅行が多かったので、タイへ行くのはどうしようか悩んだのですが、せっかくの結婚式なので行くことに決めました。

エアーアジアのクアラルンプール経由に乗って行ったのですが、シドニー空港で結婚式に出席するオーストラリア人とアメリカ人の友達と偶然会い、一緒に飛行機に乗り込んだら席も前後に並んだ場所で、クアラルンプールで乗り換えた後の飛行機内でもまた前後の席でびっくりしました。

プーケットに木曜日の朝に到着し、バスに乗ってカロンビーチまで向かいました。バスは途中で旅行会社に立ち寄って問答無用でツアーに参加しないか勧誘されました。5月からはローシーズンなので安くすると言っていましたが、とりあえず値段だけ聞いて申し込まずにパンフレットだけもらおうとしたらくれませんでした。バスは各ホテルに寄って乗客を降ろしていくので時間がかかりました。私たちのホテルまでは2時間近くかかったと思います。急いでいる人はバスじゃなくてタクシーのほうが良いですね。


友達の結婚式がカロンビーチのCentara Grand Beach Resortで行われるので見てみたらとてもじゃないけど私たちに泊まれるような値段の場所じゃなかったので、そこよりもビーチに近いSugar Marina Hotelに泊まりました。ロシア人がたくさん宿泊していました。プールも付いていて、朝食も美味しかったし、海やレストラン街にも近いし便利な場所です。毎日ルームサービスでお水のペットボトルとジュースと缶ビールとチョコレートが冷蔵庫に無料で補充されているのが嬉しかったです。私たちが到着した時には部屋の準備がまだできていなかったので、トイレで着替えてビーチへ向かいました。


激しく打ち寄せる波

カロンビーチは結構波が激しくて、足まで海に入った時点で私は断念しました。夫と息子は泳ぎに行きましたが、息子の水泳用ゴーグルはあっという間に波にさらわれて無くなってしまいました。ビーチで気球のようなものに吊るされて飛んでいくパラセーリングをしていましたが、スタッフは命綱なしで気球の紐の部分に乗って手足で向きを操っていました。落ちても下が海だから大丈夫っていうことなんでしょうか。

私は砂浜から息子を見失わないよう監視していましたが、暑くてとにかくビールが飲みたくなりました。


タイ風パイナップルライス

ランチを食べにレストランが並んでいるビーチ沿いの通りを散策し、適当な場所に入りました。大抵どこでもタイ料理と欧米風料理を出しているので、息子でも食べられるものがたくさんありました。


ランチの後はホテルに戻ってお昼寝をした後プールでのんびり過ごしました。



パパイヤサラダ

金曜日はトゥクトゥクに乗ってカタビーチまで行きました。ビーチからエントリーできるダイビングポイントがあるとガイドブックに書いてあったので、シュノーケリング道具を持って行ったのですがやはり波があったことと、サーフィンレッスンをしているグループがいたのでシュノーケルはせずに海水浴だけにしました。お昼はカタビーチ近くのレストランで。毎日暑いのでビールの値段でレストランを決めていました。



午後は結婚式を行うホテルに集まって友達と前祝い。夕方からオーストラリア人とアメリカ人のカップルと一緒にトゥクトゥクに乗ってパトンビーチに行きました。マーケットでお夕飯を食べたのですが、大きなロブスターが所狭しを並んでいて、自分で選んだものを値段交渉して、調理法を指定して料理してもらいます。交渉が得意というアメリカ人に任せて、息子が食べられそうなものを探しましたが、どれも気に入らずにマンゴースムージーだけ買いました。



ロブスターは猫くらい大きかったです。ロブスター、エビもどき、貝などシーフードをたくさん食べて、1人三千円くらいだったと思います。ビールも大瓶を1人1本頼んだのですが、ホテルでもビールをたらふく飲んできたので、みんなトイレが近くて大変でした。




その後マクドナルドに寄って、息子がハンバーガーを食べている間に大人はトイレ休憩とWifiが使えるので後から合流するという友達にメッセージを送りました。

マーケットで買い物をした後で、私と息子、オーストラリア人の友達はホテルに戻りましたが、夫とアメリカ人の友達はしばらく飲んでから私が寝ている時に帰ってきました。

翌朝夫の服がびしょ濡れだったのに気づいて聞いたら、酔った後で海に入ったそうで。私と初めて出会った時も海辺で酔っ払って一緒に泳ごうと何度も誘われて断りましたが、酔うと泳ぎたくなってしまう人なんですね。前世は魚だったのかもしれません。




続きはPart 2へ




©2019 Sayaka Ogawa Ceramics